ホーム > 特設ページ > 対馬の自然

対馬の自然

 もともとは大陸の一部であった日本列島が、地殻変動を経て、現在の弓状の形として現れたのはおよそ500万年前だったと考えられています。
 地殻変動や氷河期の海水面の低下などにより、日本列島の地形や海岸線はさまざまに変化しながら、約2万年前にはほぼ現在の形になりました。
 大陸と日本本土の間に位置する島・対馬に閉じ込められ、行き場を失った生物たちは、あるものは絶滅し、あるものは環境の変化に適応して進化を遂げ、日本列島と大陸の動植物が混生する独自の生態系が誕生しました。
 やがて、中国で古代文明が発生し、日本や朝鮮半島でも国家が生まれました。対馬は、日本系と大陸系の動植物が生息する陸峡の島であると同時に、異文化に属する人々が時には争い、時には交流する国境の島となったのです。

 

対馬の位置

 対馬(つしま)は、九州北方に広がる玄界灘に浮かぶ島で、韓国までの最短距離は約49.5km、九州までのフェリー航路は約132kmで、条件がよければ韓国の陸影を臨むことができます。

 

面積

 対馬は南北約82km、東西約18km、面積は約709平方km(国土地理院H16.4.1)で、日本の島では佐渡島・奄美大島に次いで第3位の面積を持っています。東京23区の合計面積は621平方kmなので、それよりも大きいことになります。
 北端の上対馬町鰐浦(かみつしままち・わにうら)から南端の厳原町豆酘(いづはらまちつつ)までは、自動車で片道3時間ほどかかり、初めての方は島の大きさと急峻な山並みに驚くようです。
 島土が広く、山が険しいため、1968年(昭和43年)に対馬縦貫道が開通するまでは船が重要な移動手段でした。

 

浅茅湾(あそうわん)

 対馬の中央部にはリアス式海岸の浅茅湾が広がっています。リアス式海岸は、険しい山地が沈降(あるいは海面が上昇)してできる地形で、鋸の歯のような複雑な海岸線が特徴です。
 浅茅湾は古来より天然の良港として知られ、現在は真珠や魚介類の養殖場として、またシーカヤック(カヌーの一種)の絶好のフィールドとして利用されています。
 豊玉町の烏帽子岳(えぼしだけ)は、頂上近くまで自動車で行くことができ、山頂からは浅茅湾のパノラマが一望できる景勝地です。(写真:浅茅湾航空写真)

 

地質

 対馬の地質の大部分は、対州層群(対州は対馬の別称)と呼ばれる約3000万年前に海底に降り積もってできた堆積岩です。
 部分的に地下のマグマ活動の影響を受けており、上県町の御岳周辺には玄武岩が、厳原町・美津島町の白嶽・城山・鋸割岩・立亀岩などには石英斑岩が、厳原町の内山には花崗岩が露出しています。
 内山盆地周辺の岩盤は、花崗岩マグマの熱により焼き締められて堅硬なフォルンフェルスとなっており、対馬最高峰の矢立山(648.5m)や天然記念物に指定されている竜良山(558.5m)などの山脈を形成しています。(写真:白嶽)

 

大陸系動物

 数万年前の氷期には、気温の低下により雨が氷となって地上に堆積したため、海水面が140mも下降したと考えられています。
 ツシマヤマネコに代表される大陸の生き物たちは、海水面の下降によって生まれた陸橋や凍りついた海峡を渡って対馬へやってきたのでしょう。(写真:上県町・ツシマヤマネコ)

 

 その後、温暖化と海水面の上昇により対馬は再び島となり、大陸系動植物と日本系動植物、対馬固有の生き物たちが混生する独自の生態系が築かれていきました。(写真:竜良山・ツシマサンショウウオ)

 

渡り鳥の十字路

 対馬は日本列島の西に位置し、ロシア・中国などの野鳥繁殖地と、東南アジアなどの野鳥越冬地の中間に位置するため、春と秋の渡りの時期には数多くの野鳥を観察することができます。
 冬にはオオワシやナベヅルなどの大型の野鳥が、5月のゴールデンウィークにはヤマショウビンなどのバードウォッチャー垂涎の珍鳥が毎年観察されています。
(写真:ヤマショウビン)

 

 近年のインターネットの普及によって野鳥情報の発信・共有が可能になり、またデジスコ(デジカメ+フィールドスコープ)の低価格化によって多くの方が気軽に野鳥観察を楽しむことができるようになりました。
 2005年には対馬野鳥の会が結成され、数々の珍しい野鳥がこれまで以上に記録されるようになりました。(写真:オオワシ、撮影地:上対馬町)

 

対馬の植物

 対馬固有(世界で対馬だけ)の植物は、シマトウヒレンやツシマギボウシなど意外と少ないのですが、対馬にはその地理的条件により多くの大陸系植物が自生しています。
 また、大陸と対馬には分布するが日本本土には分布しない植物や、日本本土と対馬には分布するが大陸には分布しない植物などがあり、生物分布の陸橋の島の様相を呈しています。(写真:オウゴンオニユリ)

 

 ヒトツバタゴ
 対馬市上対馬町鰐浦(わにうら)を中心に自生している大陸系植物です。樹木全体を覆いつくすように白い花を咲かせ、全山を白く染めます。
 5月のゴールデンウィークには、ヒトツバタゴ祭が開催され、多くの観光客で賑わいます。
 別名ナンジャモンジャ、ナタオラシ、ウミテラシなど。

 

対馬の自然を楽しむ方法&ガイド案内

 対馬の自然を楽しむ方法はいろいろありますが、非日常の楽しさを求めるならシーカヤックやスキューバがおすすめ。シーカヤックは一般に想像されているよりは遥かに安定性が高く、また浅茅湾は内海なので、家族連れでも楽しむことができます。
 またスキューバでは、温暖な対馬海流の影響により、熱帯魚やエダサンゴ、回遊魚の大群などを観察することができます。

 

 登山をするなら、石英斑岩の大露頭が見事で大陸系植物と日本系植物が混生する天然記念物・白嶽(しらたけ)に登ってみましょう。
 バードウォッチングは秋・冬なども楽しむことができますが、5月のゴールデンウィーク前後には無数の渡り鳥たちが対馬を通過していくため、珍鳥に遭遇する可能性が高まります。

 

TOPへ戻る